Skip to main content
[affi id=15]

本日は、チームを扇動し会社や組織の危機を乗り切る方法を説明します。

多くのリーダーは、人を動かすことに苦労した経験があると思います。特に会社が危機的な状況であっても、部下に全く危機感がない。自分には関係がないという態度をとるなどどのように危機感を利用し、人を動かすか? このような場合、デマゴーグ(扇動政治家)的手法が有効な場合があります。 

悩む女性
悩む女性
  • 会社が危機的な状況。でも部下に危機感が全くない… どのように部下に影響し、動かせばいいの・・・

デマゴーグ(扇動政治家)とは?

デマゴーグとは、人の恐怖・怒りなど負の感情を利用し、共通の憎い敵を意図的につくり、その敵を倒す為に人々を熱狂的に団結させようとする手法です。最も有名なデマゴーグとしてナチスドイツのヒトラーがいます。ユダヤ人を国民の敵と設定し、自国民の反ユダヤ感情を煽り、その人々の負の感情を利用し、国民を熱狂させ、思い通りに動かした悪名高き政治家です。

 

デマゴーグ手法が活用できる機会

本来モラルの観点から、デマゴーグの手法は、極力利用すべきではありません。本来のリーダーは、共鳴的リーダーシップをベースに人を動かすことを基礎とする必要があります。(共鳴的リーダーシップ:夢の実現など人の前向きな感情に訴え、リーダーの価値観を人々と共有し組織を団結させる手法である。)

 

ただし組織が危機的な状況である。かつその状況下においても、部下に全く危機感がない。という時に、このデマゴーグ的手法は、危機を脱する為に強力な力を発揮することがあります。

 

デマゴーグの手法は、怒りや恐れなど情動から人々を動かすものであり、生物的観点から短期的に強烈な団結力を発揮する傾向があります。よって、差し迫った危機を乗り越える為に、短期集中的に成果を出す必要がある場合に、非常に有効的です。具体的な手法としては、下記の3点です。

  • ライバル業者への敵対心を社員へ植え付ける
  • 会社的なレイオフを暗に気づかせる。
  • 自社内の他部門との競争を煽る。

 

あくまでモラルの範囲ないで、上記を巧むに部下に発信することで、短期的な集中力は高めることができると思います。ただし繰り返しになりますが、デマゴーグ手法としては、下記のネガティブな作用ががあることは理解の上、利用ください。

  1. 長期的なモチベーションとして影響力を与えることは難しい。
  2. いずれ部下が上司の行動がデマゴーグと気づいた時に、信頼感が一気に崩れる
  3. ヒトの負の感情を意図的に増幅させる手法の為、リーダー自身に強い罪悪感が残る。

繰り返しになりますが、基本は、共鳴的にリーダーシップにて人を動かすことが重要です。どうしても短期的に危機を乗り越えないといけない場合のみ、デマゴーグ手法を選択肢として考えて下さい。  以上、本日の記事は以上になります。

 

[temp id=4]
Share
Soichiro Kaede

Soichiro Kaede

外資IT企業アジア圏SCM責任者として勤務しながら、クロスフィットで日本トップ10を目指して奮闘中。日々のトレーニングと気晴らし旅行写真について発信していきます。

Leave a Reply