Skip to main content

人から信頼を得ることで人生が豊かになることは疑う余地がありません。特にビジネスにおいて、上司、部下、サプライヤーから信頼を得ることで、より大きな仕事に挑戦でき、大きな成果を出せるようになります。 では、どのように信頼を得ることができるのでしょうか?

悩む女性
悩む女性

人から信頼を得るってむずかしい・・・どのようにすればよいの?

今回は、信頼を得るために必要な3つの要素(共感、論理性、誠実)について説明します。これら3つの要素は、信頼を得るために必須条件です。3つの中でどれかが少しでも揺らぐと、人は、あなたに対して本当に信頼してよいのか?と疑問を抱くことになるでしょう。 信頼を構築する為には、常にこの3つを意識し振舞うことが重要です。

①他者への共感を持つこと

いつもその人の立場で、物事を考える習慣を持ち、共感を持つように心がけることが大事です。ここで問題になるのが、多くの方が自分のことで多忙なため、人を理解する為の時間を確保しようとしないことです。その人に向き合い、話を真剣に誠実に聞く。それだけで、相手の理解が深まると共に、相手も時間を費やして真剣に話を聞いてくれたあなたに対し誠実さを感じるでしょう。

重要な点は、共感を持てば、今後のコミュニケーションがスムーズになりより効率的・効果的に何事を進めることができます。目の前の忙しいことに意識をとられ、他者との共感をないがしろにすることは、後々多くの時間を奪われる結果になってしまうでしょう。

②論理的であること

論理的である為には、2つのポイントがあります。

1) あなたの考え自体が論理的であること

あなた自体の考えに論理性がないと、相手を納得させることはできません。まずあなた自身で、自身の考えに論理性があるか確認した上で、相手と話す必要があります。

2) その考えをどのように相手に伝えるか

考え自体にしっかりとした論理性ががある場合、どのように相手にその論理を伝えるか?が重要となります。伝えたいポイントをだれでもわかるように伝えるには、”要点” → ”それを証明する事例”この流れが最もシンプルかつ明快です。皆さん当たり前のことと思うかもしれませんが、多くの方ができていないことが多いです。 ぜひこの点意識してください。

③誠実であること

3つの要素の中で最も難しいのが誠実であることです。人は本能的に、裏がある人は、本来とは異なる人を演じている人を見抜くことができます。誠実性を疑われると、全てのことに対し疑いが生じます。 では、どのようにすればよいか? 答えは簡単です。あなたは、あなた自身としてふるまうことです。自分を大きく魅せよう・よく魅せようとしても、すぐに本来のあなた自身が表に出てきます。よって、本来の自分のままをみせることが他社に対する誠実性に繋がります。

信頼を得る為には、いつも共感、論理性、誠実さを意識して人と向き合ってください。 本日の記事は、以上になります。

[temp id=4]
Soichiro Kaede

Soichiro Kaede

外資系企業アジア地域責任者、NSCAパーソナルトレーナー、動画クリエイター、旅人です。①旅動画、②ビジネススキルをメインに配信していきます。

Leave a Reply