Skip to main content
悩む女性
  1. 副業に挑戦したいけど、なにから始めたらよいかわからない
  2. クラウドソーシングサイトが多数あるが、初心者にとってどのサービスがよいか教えてほしい

こんな疑問を持つビジネスマンの悩みを解決します。

(1) 副業に挑戦したいけど、なにから始めたらよいかわからない。

副業を始めたいと考えるサラリーマンが増えていると思います。ただ、すぐに起業もできないし、自分自身で稼げるのか自身がないという方が多いと思います。そんな時は、まずクラウドソーシングから、自分ができそうな仕事を挑戦することをお勧めします。 まずクラウドソーシングから始めるメリットは下記の通りです。

  1. プラットフォーム上にある自分ができそうな仕事にいつでも応募できる
  2. 自分で稼ぐことの難しさを体感できる。
  3. 自分が成長するためになにが必要か明確になる。

1.プラットフォームにある自分ができそうな仕事にいつでも応募できる。

副業を始めようと思っても何をすればよいかわからない…時間だけが経過し、最後にはあきらめるというのが、サラリーマンの常だと思います。まず行動を起こすことが、最も重要だと思います。クラウドソーシングサービスを使えば、数千件の仕事が常に掲載されており、その中から自身が挑戦できそうな案件にいつでも応募することができます。まず最初の一歩を踏み出すということが重要です。

 

2. 自分で稼ぐことの難しさを体感できる。

クラウドソーシングで一つ仕事をしてみると、自分で稼ぐことがいかに難しいか実感できます。今まで会社の後ろ盾の中でずっと働いていたこサラリーマンにとって、この感覚は副業しないと経験できません。自身の実力のなさを実感し、それを克服する為に、試行錯誤する。このプロセスによりスキルだけでなく人間的にも成長できます。

私の場合は、まずビジネス記事のライティング業務を受注しました。それまで文書作成には自信がありましたが、実際記事作成対応してみると依頼者が求めるレベルの文書力がないことを実感。 依頼者から3回訂正依頼があり、なんとか仕事完了し対価を得ることができましたが、自分で稼ぐことがいかに大変かを体感しました。 自分の実力のなさが、逆に挑戦することのモチベーションになりました。

 

3. 自分が成長するためになにが必要か明確になる。

副業に挑戦し、試行錯誤することを通じて、自分が成長する為に何が必要か?ということが明確になります。 上記の私の例の記事作成でも、依頼者からダメ出しをだせれることにより、私の複雑すぎる文書校正とボキャブラリーの不足に問題があることが明確になりました。改善点が明確になれば、あとはそれを意識して行動を起こすだけです。 クラウドソーシングに挑戦し、少しずつでも自分の能力を高めていく。この繰り返しにより着実に成長することができます。

 

(2) 初心者にとってどのクラウドソーシングサービスがよいか教えてほしい

では、早速初心者にとって、登録すべきクラウドソーシングについてお話しします。結論を言うと、初心者にとって登録すべきクラウドソーシングサービスは、ランサーズとクラウドワークスのみでOKです。理由は下記の3点です。

  1. クラウドソーシングサービストップ2であり信頼できるプラットフォームである
  2. 圧倒的な仕事の掲載件数
  3. ライティング~プログラミングまで幅広い仕事内容が掲載されている。

現在多くのクラウドソーシングサービスがありますが、初心者にとってこの2社のみで十分です。それでは、この2社の特徴を説明します。

 

1. オールジャンルカバーする日本最大の「クラウドワークス」

 

https://crowdworks.jp/

  • Yahoo!と提携。国内最大級のクラウドソーシングサービスです。
  • webライティング・デザイン・プログラミング・資料作成など180種類以上の仕事が随時掲載。
  • 依頼者・作業者共に初期登録として本人確認があるので、トラブルも少ないです。

 

2. デザインとライティングに強い「ランサーズ」

 

https://www.lancers.jp/

  • 国内最初のクラウドソーシングサービスが、ランサーズです。
  • クラウドワークスとともに国内最大級の規模です。
  • 特にwebライティング, ビジネス系資料作成、webデザイン案件が圧倒的に豊富です。
  • プログラミングに関しても、大規模案件からツール・マクロ開発の中小案件など幅広く機会があります。

 

< クラウドソーシングで月10万円稼げるようになったら…>

クラウドソーシングを通すことで仕事獲得は、圧倒的に楽になります。一方で単価が安いのが難点です。目安として月10万円クラウドソーシングで稼げるようになれば、自身で稼ぐ次のステップを検討することをお勧めします。具体例としては、下記になります。

  • ブログで集客後、自身の得意分野でコンサルサービスを提供する
  • 自身のデザイン集を掲載し、直接顧客に対しデザイン作成の仕事を受託する。
  • 副業初心者に対して、自身の経験をもとにセミナーを開催する。

 

やり方は、人それぞれありますが、最終的には自身で集客・サービス提供する仕組み作りが重要となってきます。

[temp id=4]
Soichiro Kaede

Soichiro Kaede

外資系企業アジア地域責任者、NSCAパーソナルトレーナー、動画クリエイター、旅人です。①旅動画、②ビジネススキルをメインに配信していきます。

Leave a Reply