Skip to main content
[affi id=16]

リーダーとして組織を率いる為には、ワンパターンのリーダーシップスタイルでは通用しません。リーダーシップを最大限発揮するには、その状況に応じて最適なリーダーシップを使い分けることが重要です。今回は、世界的ベストセーラダニエル・ゴールドマンの『EQリーダーシップ』を元に、6つのリーダーシップスタイルについて説明していきます。

悩む女性
悩む女性

6つのリーダーシップスタイルについてそれぞれの内容、必要な能力、失敗事例を教えてください。

チームリーダーとして6つの代表的なリーダーシップスタイルがあります。 上段4つは、メンバーの動機付けることを重視した共鳴型リーダーシップであり、下段2つは、危機的状況など特別な状況下で、効果を発揮するリーダーシップになります。適用できる環境と必要とされる能力も異なる為、ケースバイケースでベストなリーダーシップを使いこなすことが大切です。 では1-6の詳細を見ていきましょう。

 

  1. ビジョン型リーダーシップ
  2. コーチ型リーダーシップ
  3. 関係重視型リーダーシップ
  4. 民主型リーダーシップ
  5. ペースセッター型リーダーシップ
  6. 強制型リーダーシップ

 

1.ビジョン型リーダーシップ

概要

ビジョン型リーダーは、組織の方向性が明確でない時、組織の進むべき方向性を明確に示すと共に、社員がワクワクするようなビジョンを提示し、モチベーションを上げるリーダーシップスタイルです。

 

ビジョン型リーダーに必要なコンペテンシー

自信

提示するビジョンは、リーダー自身が心から信じるビジョンであり、リーダー自身がそのビジョンを必ず達成できると信じる必要があります。少しでもリーダー自身がそのビジョンに疑いを持っていると、必ず社員はそれに気づき、影響力を与えることはできません。

 

共感・鼓舞激励

そのビジョンにおいて社員の心を動かす為には、社員の気持ちを汲み取り、理解できる能力が必要です。社員の気持ちをよく理解することにより、適切に鼓舞激励することができます。

 

失敗するケース

リーダーの実力が、部下より劣る場合、どんな公明正大なビジョンを提示しても部下を動かすことはできません。ビジョン型リーダーにとって、まず誰もが認める豊富な経験と知識、幅広い視野が必要になります。自分より劣るリーダーには、誰もついていかないということです。

 

2.コーチ型リーダーシップ

概要

コーチ型リーダーシップは、その人の人生の目標やキャリアの希望を会社の目標に結び付け、長期的にその人が成功するようにサポートすると共に、チームとしてのパフォーマンスを向上させるリーダーシップです。 

 

コーチ型リーダーに必要なコンペテンシー

感情の自己認識

コーチ型リーダーは、本心から部下のことを考えてアドバイスをします。言葉に出さなくても『私はあなたを信頼してます』ということが部下に伝わり、部下もリーダーの期待に応えようとモチベーションが上がります。コーチ型リーダーは、よく自身に対し、『これは自身の為か?それとも部下の為の行動か?』を自身に問いかけます。自身の目的の場合、それは部下のことを思ったコーチングではなくなります。 

 

適切な権限移譲

コーチ型リーダーは、部下の能力を高める為、少し難しいただし試行錯誤しながらでも解決できる課題を部下に与え、部下自ら考えアクションをとれるように適切に権限移譲します。

 

失敗するケース

コーチ型リーダーシップは、部下が前向きでやる気がある時に最大の効果を発揮します。一方、会社やリーダーに不信感がある、またそもそも仕事に対し興味がない部下に対しては、全く機能しない場合があります。

 

3.関係重視型リーダーシップ

概要

部下一人一人の気持ちを大切にし、組織の目標以上に、感情面のニーズを重視し、チーム間に良好な関係を構築することで共鳴を生み出すリーダーシップスタイルです。

 

関係重視型リーダーに必要なコンペテンシー

共感力

部下を仕事面だけでなく、一人の人間として受け入れ、思いやることができる能力が必要です

紛争解決力

利害関係が異なる多種多様なメンバーを、チームとして取り纏め、協力関係を生み出す能力が必要です。

 

失敗するケース

部下の感情面を重視するリーダーは、部下に言うべきことを言えなくなる傾向があります。部下の誤った行動に対しても適切な指導ができず、部下からの否定的反応を恐れることになります。関係重視型リーダーシップは、それだけでは否定的な結果を招くことが多く、他のリーダーシップスタイルと併用により効果をもたらすことができる。

 

4.民主型リーダーシップ

概要

リーダーの独断で方向性を決めるのではなく、常にチームメンバーや関係者を巻き込み、意思決定を行う。チームメンバーや関係者が、初期段階から意思決定プロセスに巻き込むことにより、組織・チームの一体感を向上させモチベーションを上げるリーダーシップスタイルである。

 

民主型リーダーに必要なコンペテンシー

傾聴力

民主型リーダーは、一人一人の意見を真剣に聞き、それぞれの意見を理解するように努めます。

チームワークと協調力

民主型リーダーは、トップダウンの命令をメンバーに与えません。常にチームとして議論し、お互いを尊重し、解決策を見つけるスタイルで、チームワークを向上させる。

 

失敗するケース

一人一人の意見をくみ取り、議論し、合意の上、物事を先に進めるスタイルの為、仕事のスピード感が損なわれます。緊急対応が必要なケースには、効果がないリーダーシップスタイルです。

 

5.ペースセッター型リーダーシップ

概要

ペースセッター型リーダーは、常に高い目標を設定し、その目標達成のための業務効率性と結果を最重視します。その為、リーダー自身が常にチームの先頭に立ち、目標達成にチームをまい進させると共に、高いパフォーマンスを部下に求めます。

 

ペースセッター型リーダーに必要なコンペテンシー

高い実務能力

リーダー自身もプレイヤーとして、目標達成に向けて成果を出す為チームを引っ張る必要がある為、高い実務能力が必要である。

 

失敗するケース

人の感情面より組織の目標達成を優先する為、常に部下に高いパフォーマンスを求める傾向があります。その為、部下は常にリーダーのプレッシャーの下で働くことになり、精神的に消耗しモチベーションが失せる場合があります。 短期間で成果を出さないといけない場合や、内発的モチベーションが高い部下が多数を占める場合など、特定な状況で有効なリーダーシップスタイルです。このリーダーシップスタイルを継続して利用する場合、部下は不安を感じ、リーダーに不信感を抱くようになる傾向があります。

 

.強制型リーダーシップ

概要

強制型リーダーは、リーダーの指示は絶対であり、『言ったとおりにやれ』というリーダーシップスタイルである。部下の意見は聞かず、命令通りに部下を強制的に動かそうとする為、組織全体のモチベーションやモラルの低下する傾向があります。通常時に、利用されるべきでないリーダーシップです。

 

強制型リーダーに必要なコンペテンシー

権力を利用し、人に高圧的な態度をとり、言うことを聞かなければ脅す。これらのやり方は、リーダーシップではありません。ただし、自己認識・自己管理に長けるリーダーが今目の前に直面している危機を脱する為、即座にトップダウンの指示を出す場合など、特定の状況にて有効に働く場合がある。

 

優秀なリーダーは状況に応じて6つのリーダーシップスタイルを使いこなす。

優秀なリーダーは、一つのリーダーシップスタイルに特化しません。今いる環境に応じて、柔軟かつ適切に6つのリーダーシップを使いこなしチームに共鳴をもたらしながら、高いパフォーマンスを引き出すことができます。

 

自信がどのリーダーシップが得意で、経験が少ないか自覚し、6つ全てのリーダーシップをそつなく使いこなせれるよう日頃から試行錯誤することが重要なトレーニングである。 以上、本日の記事はこれで終わりになります。

[temp id=4]
Soichiro Kaede

Soichiro Kaede

外資系企業アジア地域責任者、NSCAパーソナルトレーナー、動画クリエイター、旅人です。①旅動画、②ビジネススキルをメインに配信していきます。

Leave a Reply