Skip to main content

困難があるからヒトは成長できる

会社で働いていると、理不尽な命令や、上司からの責任転嫁、政治的な嫌がらせなど、やる気をなくし、苦悩することが多々あります。

私自身も今まで多くの失敗や、理不尽を経験してきて、一時は本当に”死んでやろうか”と思い詰めることもありました。特に25~35歳ほど外資系企業での社内政治による嫌がらせは、本当に精神的にきつかったです。

このような苦悩を経験して、今私自身、確固たる教義/モットーがあります。それは、『困難があるからヒトは成長できる』ということです。

たとえ、困難に立ち向かって失敗したとしても、必死で努力したこと、ベストを尽くしたことで、間違いなく人は成長できる。世の中に絶対はないというけれど、人は困難に逃げずに立ち向かうことで、絶対成長できると私は100%信じてます。

具体的な3つのメリット

『困難があるからヒトは成長できる』をモットーとすることの、具体的なメリットは3つあります。

1)人生において悩んだ時、行き詰った時の道標となる。
宗教的な話ですが、何を信じるべきが自分の中で明確になっているので、判断に迷いがなくなる

2) 落ち込んでいる時間が減り、すぐに改善の為に行動することができる
何も行動しないでただ悩んでいる時間は、時間の無駄でしかありません。『困難があるから成長できる』モットーがあると、あとはやることは困難を乗り超える為に努力し、立ち向かうことだけです。すぐに気分が落ち込んでも、すぐに次の行動を起こしやすくなります。

3 ) モチベーション低下によるミス連鎖の悪循環を防ぐことができる。
困難により怖気づいたり、失敗を引きずってしまうと、モチベーション低下により本来の実力を発揮できなくなってしまいます。ミスが連鎖し悪循環に落ちて、うつ病など精神まで病んでしまう同僚を間近で何人も見てきました。『困難があるから成長できる』モットーがあると、挑戦することに対する理由付けになり、モチベーションを回復できます。

まとめ

社会人でも学生でも主婦でもみんな嫌なことがあり、悩み苦しんで日々生きていると思います。『困難があるからヒトは成長できる』ということを信じることができれば、人生における迷いは減り、より前向きに生きていけるように思います。すこしでも同じように悩んでいる方の助けになれれば幸いです。

Share
Soichiro Kaede

Soichiro Kaede

外資IT企業アジア圏SCM責任者として勤務しながら、クロスフィットで日本トップ10を目指して奮闘中。日々のトレーニングと気晴らし旅行写真について発信していきます。

Leave a Reply