Skip to main content

2週間の集中勉強にて2020年8月29にNSCA-CPT認定資格に合格しました。今回は、私が合格までに行った全ての内容を纏めます。

その他個別に質問ありましたら、Twitter, 問い合わせフォームから気軽に聞いてください!

NSCA-CPTとは

  1. NSCA-CPTとは、NSCAジャパンが認定する全世界で信頼性の非常に高いパーソナルトレーナー認定資格
  2. NSCA認定資格があると、効果的なトレーニングプログラムの計画・実行・指導できる専門的能力を持つ人材としてクライアントから信頼を得やすい為、副業でパーソナルトレーナーを始める方にとっては必須の資格になります。

受験資格詳細はNSCA-Japanののリンクを確認下さい。

要点

  1. NSCA悪門が多い。公式テキスト/問題集からはほとんど同じ問題がでない。
  2. メルカリから購入できる『NSCA-CPT試験対策問題集』は、公式問題集より役立つ。購入必須。
  3. 公式テキストを一から読むのは絶対NG。①NSCA-CPT試験対策問題集→②問題集に紐づく箇所をテキストで調べる→③公式問題集 という流れで勉強をすべし。
  4. エクササイズテクニックは、実際にスポーツジムで体を動かしながら頭に定着させると効率が良い。
  5. 上記のフローを5回転ほど回す問題の答えが、すぐに答えれるようになれば、合格レベルに達しているといえる。

NSCA合格までの勉強時間

  1. 合計50時間 (毎日3-4時間 x 15日)
  2. 暗記がメインの為、短期集中で取り組むのが効率がよい。
  3. ①NSCA-CPT試験対策問題集→②問題集に紐づく箇所をテキストで調べる→③公式問題集を5回転ほどし、問題の答えがスラスラ回答できれば、それ以上勉強するのはあまり意味がない。 NSCA-CPTは、公式テキスト/問題集からも出題されることが少ないような悪門。上記①~③対応後、思い切って受験することがお勧めです)

NSCA傾向と対策 (頻出問題個所)

  1. NSCA-CPT試験は、すべて三択で155問中70%(約100問)正解すれば合格になります。結果は、テストセンターで即時公表されます。
  2. 公式テキストの中で、頻出箇所は限られています。下記にてこれだけは、必ず理解すべきポイントを纏めていますので参考にして下さい。

<問題傾向>

NSCA公式HPから抜粋

(1) クライアントに対する面談と評価 (テキスト9-11章)

必ず理解すべきポイント

  1. 初回面談の目的とスクリーニングの違い、その流れを理解する
  2. インフォームドコンセプトの内容
  3. 冠状動脈疾患の危険因子 →必ず出題されます。下記表の全ての数字を暗記してください。
NSCAパーソナルトレーナーの為の基礎知識からの抜粋

  4.体力テスト方法 (こちらも体力テストの順番が頻出されます)

NSCA試験対策問題集からの抜粋
  • 5.三大栄養素について ( 第7章)

    6.水分摂取量

  • 7.増量と減量の数値理解

(2) エクササイズテクニック (テキスト12-14章)

問題集43問中、ほとんどが13章レジスタンストレーニングから出ます。そのうちビデオ問題が10問以上出題されます。

エクササイズのビデオ問題は、どのような姿勢、スピード、グリップ、補助でトレーニングをするかを問われます。

必ず理解すべきポイント _ 13章レジスタントトレーニング

公式テキストに写真がある全てのトレーニングにおいて下記の点の理解が必要。

  1. グリップの分類
  2. 5ポイントコンタクト
  3. 呼吸
  4. ウエイトベルト
  5. 補助法
  6. 鍛えられる筋肉

必ず理解すべきポイント _14章心臓血管系のトレーニング方法

  • 公式テキストに写真がある全ての有酸素系マシーントレーニングにおいて下記の点の理解が必要。
    • トレーニング方法と名称の一致
    • 姿勢の暗記 (テキスト写真の下段に記載されている文面は理解必須)
    • バイクのシートの高さは必須事項
NSCAパーソナルトレーナーの為の基礎知識からの抜粋
  • ウォーキング・競歩・ランニング
    • 接地の順序、競歩のルール

(3) プログラムデザイン (テキスト15-19章)

必ず理解すべきポイント_ レジスタンストレーニング

  • エクササイズの配列 ( コア、補助、ストラクチュアル、パワー)
  • 負荷と回数
  • 休息時間
  • トレーニング頻度
  • トレーニング量

→下記の表は、最頻出箇所。全ての数字丸暗記必要です。

NSCAパーソナルトレーナーの為の基礎知識からの抜粋

必ず理解すべきポイント_ 有酸素トレーニング(16章)

  1. 最大心拍数法
  2. カルボーネン法
NSCAパーソナルトレーナーの為の基礎知識からの抜粋
  • 3.主観的強度(Borgスケール)
NSCAパーソナルトレーナーの為の基礎知識からの抜粋

(4)安全性、緊急時の手配、法的対処 (24-25章)

理解すべきポイント

  1. 一般的フィットネス施設/ホームジムの機器の配置と間隔
  2. メンテナンスを行う頻度
  3. 法的側面に関しては、一般常識で回答できる問題が多い。問題集をこなすことで十分と思います。

その他個別に質問ありましたら、Twitter, 問い合わせフォームから気軽に聞いてください!

Soichiro Kaede

Soichiro Kaede

外資系企業アジア地域責任者、NSCAパーソナルトレーナー、動画クリエイター、旅人です。①旅動画、②ビジネススキルをメインに配信していきます。

Leave a Reply